Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

足もと

 連日、大阪市内の寺社を参拝しています。

 大阪市内に帰ってきて1番よかったのは、こうやって、手の届く範囲に歴史ある寺社が多数あること、かもしれません。

 歴史があるということは、それ即ち、長い年月にわたって、大切にされてきた神仏がいらっしゃるということ、

 長い年月にわたって、人々をお守りくださった神仏がいらっしゃるということ、です。

 本当にありがたいことです。

 

 拝みをスタートした時、それが宮城だったことが影響しているのかいないのか、

 遠くの寺社へ出かけていくことが多くありました。

(実際、今でも宮城のお社の方が大阪のお社より詳しいのではないか?という気もしています)

 

 今も、遠くへご挨拶に伺うことも続けていますが、

 ここしばらくは土台を固めるように、大阪の寺社を繰り返し訪れています。

 

 これを読んでくださっているみなさまも、各地にお住まいのことでしょう。

 もし地元の寺社について書かれているのをお読みになったなら、しかるべきタイミングでぜひ1度、訪ねてみてください。

 

 自分を守ってきてくださった神様仏様、自分が大切にすべき神様仏様。

 そして自分の「足もと」を見直すきっかけになれたなら、幸いです。

 

f:id:akamitori0616:20181009005022j:image