Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

鹿島御児神社(宮城)

 大阪の神社より宮城の神社に詳しい、というのは本当で、

 まだまだ訪れていない土地も多いものの、たくさんの神様にご挨拶に伺いました。

 

 例えば。

 本場の熊野三社詣りを済ませていないのに、名取の熊野三社詣りは済ませたこと。

 東国三社詣りを済ませる前に、それを模した色麻古社三社詣りを済ませたこと。

 ……などなど、エピソードにも事欠かないのですが(これらについてもいずれ)。

 

 今回は、日和山(石巻市)の上に鎮座されている、鹿島御児(かしまみこ)の神様について。

 

f:id:akamitori0616:20180814120935j:image
f:id:akamitori0616:20180814120941j:image

 

 「鹿島御児」の名の通り、茨城の鹿島神宮の神様の御子神様が主祭神です(鹿島の神様も祀られています)。

 

f:id:akamitori0616:20180814231948j:image
f:id:akamitori0616:20180814233115j:image
f:id:akamitori0616:20180814233118j:image

f:id:akamitori0616:20180814231939j:image

 

 多くのことを見つめてこられた神様。

 必ずここで通していただきたい願い、ここでなければならない願いがあって、時折訪れる神社です。