Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

寺社

街の中の分霊社(鹽竈神社、金蛇水神社・宮城)

仙台の中心地にあるふたつの分霊社。 ひとつは、鹽竈神社。 仙台駅東口の近くにあります。 名掛丁塩釜神社、とも呼ばれるこちらの神社の表参道は、「初恋通り」と名がついています。 これは、島崎藤村の「初恋」に由来するとのこと。 島崎藤村は、東北学院の…

名残(鹽竈神社別宮・宮城)

鹽竈神社別宮の写真を見て、思い出したこと。 これは、左宮と右宮の写真ですが。 賽銭箱がふたつあるのがおわかりいただけるかと思います。 左宮にひとつ、右宮にひとつ。 一方。 別宮にもふたつ。 これは、左宮・右宮に倣ったのでしょうか? 実はかつて、こ…

秋の住吉大社

秋の空と、住吉大社。 住吉大社は第一から第二、第三、第四と、順に参拝するのが正式とされています。 これは、 第一の神様が底筒男命、 第二の神様が中筒男命、 第三の神様が表筒男命と、 (第四の神様は神功皇后) 海の底から海の表面へ、 下から上へと、し…

今後の参拝予定

中国地方への参拝を予定しており、 ・住吉神社(山口) ・厳島神社(広島) ・美保神社(島根) 等へ伺います。 代参等ご希望の方は akamitori.0616@gmail.com までご連絡をお願いいたします。

足もと

連日、大阪市内の寺社を参拝しています。 大阪市内に帰ってきて1番よかったのは、こうやって、手の届く範囲に歴史ある寺社が多数あること、かもしれません。 歴史があるということは、それ即ち、長い年月にわたって、大切にされてきた神仏がいらっしゃるとい…

静岡浅間神社(静岡)

静岡浅間(せんげん)神社とは、 実は、神部(かんべ)神社、浅間(あさま)神社、大歳御祖神社の、三つの独立した社の総称です。 その他にも境内に八千戈神社、麓山神社、少彦名神社、玉鉾神社があります。 神部の神様が「駿河国開拓の祖神」ということで、本殿を…

順序

我が命 神に賜いし寶(たから)なり 身をば勞(いた)わり奉仕務めん これは、かむろ大師開祖の、尊海上人がお詠みになった歌です。 尊海上人は生涯で多くの歌を詠まれ、その歌たちは本堂の中に掲示されています。 また、現在も法話にて、尊海上人の歌が取り上げ…

藤次寺(大阪)

「大阪の融通さん」こと藤次寺(とうじじ)は、1・11・21をご縁日として、ご本尊・宝生如来像のご開帳を行っています。 かつて、藤次寺は「生玉十坊」のひとつとして、生國魂神社とも密接な関係にあったそう。 (実際に、生國魂神社のすぐ近くにあります) この…

今宮戎神社(大阪)

意外と、今まで今宮戎神社について書いていませんでした。 今回は「えべっさん」こと今宮戎のお話を。 今宮戎神社はそもそも、四天王寺の西方を守る社として建てられました。 十日戎が有名ですが、歴史も古い神社なのです。 御祭神は天照皇大神、事代主命、…

鉾社(住吉大社、大阪)

住吉大社の第三・第四本宮それぞれのそばに、鉾社と楯社という対になる社があります。 御祭神は鉾社が経津主命、楯社が武甕槌命。 香取神宮・鹿島神宮の神様と同じ神様です。 このため、両社とも両宮と同じ日に例祭が行われています。 今年参列できたのが、4…

お彼岸、そして庚申の日(四天王寺、庚申堂)

お彼岸ということで、四天王寺へ参拝に。 今回はまず、親鸞聖人をお祀りしている見真堂(お堂のそばには大きなお像もあります)へ。 ここで、お供えをしてくださるのを待っている間、ふと目に入ったのが庚申まいりのちらし。 なんとなく、次の庚申まいりはいつ…

爪痕(住吉大社)

連日、台風の爪痕を確かめるような参拝。 台風の翌日以来の、住吉大社です。 本宮で被害を受けていたのは、恐らく第一だけ。 立入禁止のテープは境内のそこかしこに貼られているものの、参拝には支障がありませんでした。 三連休中に訪れたため、第一本宮に…

爪痕(生國魂神社)

生國魂神社。 Twitterで見ていたとおり、手水舎が台風の被害を受けていました。 大きなお社ですから、早いうちに復旧すると思いますが、 小さなお社だと、なかなかそうはいかないでしょう。 神社は、地域の方の心の拠りどころでもあります。 そういったお社…

赤手拭稲荷神社(大阪)

「浪速区稲荷」にあるこちらの神社。 御祭神は豊受皇大神、猿田彦大神、宇受売神、倉稲魂命、大山祇命(由緒書きより)。 赤い手拭いを献じた商人の商売がその後栄えたことから、「赤手拭稲荷神社」として人々の信仰を集めるとともに、落語「ぞろぞろ」の舞台…

瀧原宮(三重・2017)

2017年に瀧原宮・瀧原竝宮を参拝した時の記録。 Tumblrより。 瀧原宮(たきはらのみや)。 伊勢の内宮の「別宮」にあたります。 外宮や内宮から離れた場所(度会郡)にあるので、人もあまりおらず、静謐な雰囲気が保たれていました。 内宮における五十鈴川と同じ…

山神社(宮城)

富士山本宮浅間大社について書いたので、コノハナサクヤヒメさまがご祭神のお社の中で、1番拝んできた山神社(やまのかみしゃ。小牛田山神社とも)について。 (2日連続、宮城についての記事になったのは偶然) あまり大阪でお祀りされているのをお見かけしない…

四竈考

未明の地震のニュースを見ていて、「色麻町四竈」という住所を発見。「しかまちょうしかま」と読むそう。 当初、「四竈」に「色麻」という字を当てたのかと考えたが、町名の由来については、 天平年間(729~749)に播磨国(兵庫県)飾磨から移住した兵士が…

富士山本宮浅間大社(静岡)

2年ぶり2度目の参拝。 お天気のせいか、時間のせいか、人がまばらで。 ゆっくり拝ませていただくことができました。 全国に1300ほどある浅間神社の総本社である、富士山本宮浅間大社。 ここへまた来させていただけたことは、あまりにも幸福なことで。 神様と…

瀧原宮・瀧原竝宮(三重)

さまざまな方のお力添えをいただいて、今年も参拝できた瀧原宮・瀧原竝宮。 伊勢市内にある外宮・内宮からは少し離れた、度会郡に位置しています。 両宮とも御祭神を「天照坐皇大御神御魂」としていますが、 皇大神宮と荒祭宮の関係と同様に、 瀧原宮が和御…

敷津松之宮/大国主神社(大阪)

どちらかがどちらかの摂末社、という関係ではなく、それぞれが別の神社であるのに同じ境内にあるという、珍しい神社です。 (由緒の説明などは、またいずれ) 今回は敷津松之宮に参拝することが目的だったので、写真はこちらのみ。 鳥居も神社ごとに1つずつあ…

台風が過ぎて

長く住吉大社に参拝してきて、こういったかたちで参拝できなかったのは、はじめてかもしれません。 そもそも、参拝できないかもしれない、という思いで来てはいて、 それでもどうだったろうかと、ご様子を伺いに来ました。 太鼓橋の通行は不可、倒木も多く、…

万灯供養2018(四天王寺・大阪)

夜は雨の予報、 そして庚申堂に参拝したい思いがあり、お昼頃から四天王寺に向かいました。 例年通り、中心伽藍への入場は無料。 ろうそくの設置は17時から、また天候不良の場合は後日点灯となるため、預けることにしました。 中心伽藍のほぼ中央、金堂のご…

鹿島御児神社(宮城)

大阪の神社より宮城の神社に詳しい、というのは本当で、 まだまだ訪れていない土地も多いものの、たくさんの神様にご挨拶に伺いました。 例えば。 本場の熊野三社詣りを済ませていないのに、名取の熊野三社詣りは済ませたこと。 東国三社詣りを済ませる前に…

難波八阪神社(大阪)

難波駅のほど近くに、難波八阪神社があります。 京都の八坂神社とご祭神を同じくしますが(素戔嗚尊)、こちらは八「阪」神社という表記です。 獅子殿が有名なようで、外国人観光客の姿もよく見かけます。 本殿だけではなくこちらにも神様はいらっしゃり、素戔…

秋葉山本宮秋葉神社(静岡)

先日、秋葉山本宮秋葉神社より、「前回ご祈祷を受けてからまもなく1年」のお知らせをいただきました。 昨年の参拝時に、願意や年月日等、ご祈祷の内容を記録する奉納帳もいただいており、それもご持参ください、とのこと。 秋葉神社からいただいたもので特筆…

かむろ大師(和歌山)

和歌山県橋本市にあるかむろ大師。 開祖・尊海上人が感得されたお水のお加持が特長で、主に病気治しのご利益を求めて参詣する方の多いお寺です。 (境内にて、お加持にも使われているご神水をいただけます) 30年以上通って今回はじめて、 納経しよう、願意は…

万灯供養

昨年はじめて、四天王寺の万灯供養(8/9〜8/16、このうち8/13〜8/16がお盆供養・盂蘭盆会とのこと)に参加した時の様子です。 この年のはじめに大阪市内に戻ってくるまで、四天王寺にはあまり参拝したことがありませんでした。 ですから、1晩に約1万本のろうそ…

行事神社(建部大社末社・滋賀)

大伴連武日。 日本武尊東征の従者で、垂仁天皇より神祇祭祀を命じられていた一人。 吉備臣武彦。 同じく日本武尊東征の従者。 稚武彦命の子または孫とのこと。 その稚武彦命は孝霊天皇の子、 母の異なるきょうだいとして、倭迹迹日百襲姫命、吉備津彦命、倭…

「総社宮」

竹駒神社の末社、「総社宮」。 立て札には「管内の全神社の祭神を祀る」とあるものの、 「『管内』とは…??」と長らくの疑問でした。 宮城で「総社宮」と言われれば、1番に浮かぶのは陸奥総社宮。 国府多賀城駅から「とても」歩いたところにあります。 こち…

表坂にて

陸奥一宮・鹽竈神社の表坂(表参道)の階段は202段。 御神輿はこの急な階段を上り下りされます。 その表坂(下り)の中腹にて。 表坂のはじまり。 見るたびに、「東北鎮護」という言葉を噛み締めます。