Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

2018-07-29から1日間の記事一覧

寄進から見えるもの

住吉三神は、「ツツ」が星を指し、星の神様である、という説もあります。 星は航海中の、大きな大きな道標でしたから、「航海守護の神」という面と、何ら反するものではありません。 かつては海で繋がっていたのだろう、遠く離れた土地からの寄進。 (逆に、…

宝探し

普段は奥まで手を伸ばさないような棚を片付けると、眠っていた食料や服・書類などと出会うことがあります。 完全に忘れていたそれらが、適切な機会を得て、息を吹き返す様を見た経験はないでしょうか。 同じように過去を遡ってみたならば、思わぬ宝に出会う…

行事神社(建部大社末社・滋賀)

大伴連武日。 日本武尊東征の従者で、垂仁天皇より神祇祭祀を命じられていた一人。 吉備臣武彦。 同じく日本武尊東征の従者。 稚武彦命の子または孫とのこと。 その稚武彦命は孝霊天皇の子、 母の異なるきょうだいとして、倭迹迹日百襲姫命、吉備津彦命、倭…