Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

屋敷の御願(うがん)

 土地の神様に感謝の心を捧げ、

 家や会社の祓い、そしてさらなる守護と繁栄をお願いしていくものです。

 

 「土地の所有者」と言うことがありますが、本来その場所は、人間のものではありません。

 そこには人間が住まうより先に、神様方がいらっしゃいました。

 

 そうした神様や、玄関の神様・トイレの神様など、日頃お世話になっている神様方への感謝が、屋敷の御願において1番大切なものです。

 

 そして、土地の神様方のお力によって、溜め込んでしまった障りを外し、家・会社を祓い清めていただきます。

 

 さらに家・会社を守っていただけるよう、ますます栄えていけるよう、お願いをしていく、という拝みです。

 

 

 お問い合わせ・ご依頼は、

 ブログ下のお問い合わせフォームもしくは

 akamitori.0616@gmail.com

 までお願いいたします。

 

 

f:id:akamitori0616:20180827230151j:image