Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

身を飾るお守り

 華鬘結び、という結びがあります。

 名前通り、仏具である華鬘(けまん)を下げる時に使う結び方で、「仏の力によって衆生を幸福に導く」という意味があるそうです。

 そしてまた、「男女相愛の契りを示す」という意味も。

 

 今回は髪飾り・首飾り兼用でのご注文でしたので、結んでいない部分を長く取ってあります。

 この半分の長さでつくった、華鬘結びのみのチョーカーも好評でした。

 

 精麻で編んだものであり、また結びに込めた意味合いからも、「身を飾るお守り」と呼べるかもしれません。

 

 今回ご紹介したものの他、用途に合わせて結びや長さを変更しておつくりしております。

 

 お問い合わせ・ご依頼は

 akamitori.0616@gmail.com

 にお願いいたします。

 

 

 

f:id:akamitori0616:20180819215719j:image