Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

「わからない」の向こうへ

 相手を大切にする方法が、考えて考えてもわからない時、わからなくなってしまった時、

 ただ必要なのは、「教えてください」とお願いすることなのかもしれない。

 

 「あなたが大切だけれども、あなたを大切にする方法がわからない」と、正直に打ち明けること。

 

 「あなた」は何が悲しくて、何が嬉しいのか。

 それを「自分」が見失ってしまったならば。

 

 あるいは、「あなた」自身にさえわからなくなってしまっていた時には、

 「わからない」という地平を同じくする者同士、一緒に探していけばいいのではないか。

 

 そして、その「わからない」に手を伸ばすこと自体が解である、ということも、実は少なくはない。

 

 本当に怖いのは、「わからない」ことではなく、「そのまま」にしておくこと。

 押し込めた扉の向こうで、「わからない」が今どんな姿をしているか、想像がつくだろうか。

 

 「わからない」に、

 本当に大切なものに、手を伸ばす勇気を。

 

 

f:id:akamitori0616:20181005064258j:image