Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

順序

 我が命 神に賜いし寶(たから)なり

             身をば勞(いた)わり奉仕務めん

 

 これは、かむろ大師開祖の、尊海上人がお詠みになった歌です。

 尊海上人は生涯で多くの歌を詠まれ、その歌たちは本堂の中に掲示されています。

 また、現在も法話にて、尊海上人の歌が取り上げられています。

 

 今回の法話の中で、かむろの先生から伺ったのが、この歌。

 

 ここはもちろんお寺なのですが、尊海上人の歌にはよく「神」という言葉が登場します。

 

 わたしがこの歌で気になったのは、「奉仕」の前に「身をば勞わり」が来ているところ。

 

 忘れられがちなのが、身を、心を、労わること。

 

 会社に奉仕するばかりで、自分にとって大切な周囲が置き去りになっていないでしょうか。

 周囲に奉仕するばかりで、自分にとって大切な自分が置き去りになっていないでしょうか。

 

 もちろん、踏ん張らねばならない「瞬間」というものはあるでしょう。

 しかしそれが長期間に及べばどうなるでしょうか?

 

 守ろうとしていたものを失う結果にならないか。

 1度立ち止まって、考えてみたいものです。

 

f:id:akamitori0616:20181004103955j:image