Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

「未だかつて邪は正に勝たず」

 大阪府神社庁の今月の言葉が(そういうタイトルではないですが)、菅原道真公のこの言葉でした。

 

 紙には、「菅家後草」とありましたが、「デジタル大辞泉」には以下のような項目で記載されています。

 

かんけこうしゅう〔クワンケコウシフ〕【菅家後集


平安中期の漢詩集。1巻。菅原道真著。延喜3年(903)までに成立。正式の書名は「西府新詩」。大宰府へ流されてから作った詩46編を収録。道真が死の直前に紀長谷雄(きのはせお)に贈ったもの。菅家後草。

 

https://kotobank.jp/word/菅家後集-469618

 

 

 いつ書かれたのか、を知った時、

 最初は「 不遇の時代にあってなおそう言えたのか」と思いました。

 しかし今改めて考えると、「この言葉を拠り所として、『いつか』を待っていたのか」という気がします。

 

 未だかつて邪は正に勝たず。

 

 破邪顕正の世であるように。

 そして同時に、自らの行いを省みることができますように。

 

f:id:akamitori0616:20180911045257j:image