Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

「麻を編む」(ワークショップ)

 現代では、神社の幣や神札と共に姿を見かけることもある精麻。

大麻の茎から採れるこの精麻を使って、紐をつくっていきます。

 

 ペンダントの紐やブレスレットの紐として使う、

 あるいは頭に巻く、たすき掛けにするなど、用途はアイデア次第です。

 当日は、紐の編み方のほか、結びもひとつお伝えします。

 紐をつくりながら、麻のこと、麻と神様の関わりなどのお話も。


 古来より祓いに使われてきた精麻を、身につけてみませんか?

 

(現在は、ご希望により随時開催しております)

 

f:id:akamitori0616:20180820005552j:image