Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

万灯供養2018(四天王寺・大阪)

 夜は雨の予報、

 そして庚申堂に参拝したい思いがあり、お昼頃から四天王寺に向かいました。

 

 f:id:akamitori0616:20180816185613j:image

 

f:id:akamitori0616:20180816185627j:image

 

 例年通り、中心伽藍への入場は無料。

 ろうそくの設置は17時から、また天候不良の場合は後日点灯となるため、預けることにしました。

 

 中心伽藍のほぼ中央、金堂のご本尊は、聖徳太子の本地と言われている救世観音。

 「世を救う」と書きますが、世はひとりひとりから成るもの、

 ひとりひとりが救われるようにとお願いをいたしました。

 後日書く庚申堂に続き、金堂の方にも良くしていただき、感謝でいっぱいです。

 

 今年は残念ながら、ろうそくの点灯、法要に立ち会うことができませんでしたが、

 それはまた、平成ではない、次の年に。