Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

命のリレー

 かつて、鹽竈神社の別宮で手を合わせていた時に、ふと頭の中を流れたもの。

 

「この一生だけでは辿り着けないとしても
命のバトン掴んで 願いを引き継いでゆけ※」

 

 平和ということを願った時、
この一生だけでは辿り着けないかもしれないし、
 またこの一生の間だけが平和であったとしても何の意味もない、

 そうであるのなら、この一生、この時間において引き受けているこの役目を、ただ淡々と繋いでいくこと。

 先祖が築いてきてくださったものを、より良く、「次」へお渡ししていくこと。

 

 人の生も、人の世も、破壊と再生の繰り返しであるのなら、何度でも再生を、
 より良い、より強い、よりしなやかな、より美しい、再生を。

 

 命は、ここにある。
 いつでも。

 

中島みゆき 「命のリレー」

 

f:id:akamitori0616:20180815003215j:image