Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

秋葉山本宮秋葉神社(静岡)

 先日、秋葉山本宮秋葉神社より、「前回ご祈祷を受けてからまもなく1年」のお知らせをいただきました。

 昨年の参拝時に、願意や年月日等、ご祈祷の内容を記録する奉納帳もいただいており、それもご持参ください、とのこと。

 

 秋葉神社からいただいたもので特筆すべきは、ご祈祷後にいただいた、お札やお下がりを納めてある箱が、そのまま簡易の神棚になるというところです。

 お知らせのハガキ、奉納帳、お札の箱…いろいろ工夫が凝らされているな、と思いました。

 

 こちらのブログには、秋葉神社について書いていないので、この機会に改めて記していこうと思います。

 

f:id:akamitori0616:20180811221653j:image
f:id:akamitori0616:20180811221703j:image

 まるで虎と見紛うような、勇猛な狛犬

 去年のこの日は、台風の予報の中の参拝でした。


f:id:akamitori0616:20180811221708j:image

 この門に、


f:id:akamitori0616:20180811221730j:image
f:id:akamitori0616:20180811221657j:image
f:id:akamitori0616:20180811221724j:image
f:id:akamitori0616:20180811221648j:image

 四神が。


f:id:akamitori0616:20180811221720j:image
f:id:akamitori0616:20180811221714j:image

 そして拝殿。

 もともとご祈祷を受けるつもりはなかったのですが、どうしても訪れたかった秋葉神社、やはり神様のお側に上がりたくて。

 

 台風の予報が大いに外れたために、気候的にも快適に過ごすことができ、

 また、予報が出てはいてくれたおかげで誰も来ず、貸し切り状態での参拝ができた日でした。

 

 いつか再び、訪れたい社です。