Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

一歩一歩

「休まずば百里の道も達すべし

   牛の歩みのよしおそくとも」

 

 生駒市にある宝山寺の、月ごとの掲示句を集めた『洗心抄撰集』。

(「心を洗う」というタイトルがいいですね)

 

 ぱっと開けたところが、冒頭の短歌を含んだ昭和48年の正月掲示句でした。

 

 タイトルは「丑年」。

 わたしは丑年生まれですが、ちょうどひと回り前の丑年のお正月の言葉、ということになります。

 

 目に留めたのは、一番から十一番までではあるものの、歩き遍路をしていた時のことを思い出したからです。

 

 必ず、絶対に、何があっても、

 一歩一歩足を前に出し続けさえすれば、次の札所に着く。

 

 そう思いながら歩いたものです。

 

 このページには、小さな信心を重ねて良い年にしていこう、ということが書かれていました。

 

 重ねていくのは立派なものでなくてよく、

 また、大きな歩幅や、走るような速度で進まなくていい、

 

 必要なだけの休みを取ったならば、着実な一歩を重ねてゆくこと。

 

 そうすれば、いつか必ず、たどり着く。

 

 

 何を重ね、どこへ歩いていきましょうか。

 

 

f:id:akamitori0616:20180808220458j:image