Navigare necesse est.

祈り、道標となるもの

万灯供養

f:id:akamitori0616:20180806092315j:image
f:id:akamitori0616:20180806092320j:image

 昨年はじめて、四天王寺の万灯供養(8/9〜8/16、このうち8/13〜8/16がお盆供養・盂蘭盆会とのこと)に参加した時の様子です。

 

 この年のはじめに大阪市内に戻ってくるまで、四天王寺にはあまり参拝したことがありませんでした。

 ですから、1晩に約1万本のろうそくを灯す「万灯ローソク」のこと、

 境内をお経を上げながら練り歩くことは、この時はじめて知りました。

(普段は拝観有料の中心伽藍が、この期間は無料で開放されているようです)

 

 宗派を問わず受け入れていらっしゃるので(境内にも、親鸞聖人や弘法大師など、他宗の開祖がお祀りされています)、多くの方が集まっていました。

 

 およそ40分ごとの法要には、わたしたち一般の参拝客も、僧侶の方々の後をついて歩くことができます(この時に般若心経を唱えます)。

 

 ご先祖があっての「今」を思いながら、

 炎を見つめ、心を落ち着ける夜があっても良いのかもしれません。